INFORMATION DETAILEお役立ち情報 詳細

サーモチェッカーAO

samom

アルコール検知&温度検知

2022年10月1日から、安全運転管理者の業務として
「アルコール検知器を使用した」酒気帯びの有無の
確認が義務化されます。

乗車定員が11人以上の自動車一台以上、もしくは、軽自動車や自動二輪車(自動二輪車は1/2台として数える)を含むの自動車5台以上を所持している事業者は安全運転管理者の選任が必須となり、自動車の使用者は、自動車の使用の本拠(事業所等)ごとに自動車の安全な運転に必要な業務を行う者として安全運転管理者の選任を行う必要があります。
このような義務化に備えて、該当する方は、準備をしないといけません。

そこで外気温下でも正確に測定可能な機器の導入をおすすめしております。

samom